ご無沙汰しております | karmann coffee

2020/06/21 14:45

1か月以上開けてしまいました。

皆様お元気に自宅コーヒーを楽しんでいますでしょうか?

生活様式が変わると、スタイルも生き方も変わるはずです。
それはきっと、お店の形態も、食事の仕方も、変化があるはずです。
そして数年後はまた忘れつつあって、この繰り返しかもしれませんね。

カルマンコーヒーでは、定番のブレンドというものを置いてありません。
しかしそれも今後変えていくのかもしれません。
ブレンドといえば、足し算の化学ですね。1∔1は2になるとは限りません。
3になることもあれば、お互いに豆が殺しあって1になることも。
カルマンコーヒーのクラフトコーラは、当初の予定では、18種以上のスパイスを配合して試作を繰り返していました。
足りないものは足す、勉強してどんどん足していき、より複雑な味へと変化を遂げていたのです。
しかしあるとき、このままでは他のクラフトコーラと変わらない味に近づいていくことに気が付いてしまったのです。
なるほど、足し算法則は万人受けするには最も効果的。
そこで、思い切ってスパイス数を減らしていきました。
基本の骨格となるスパイスは抜くことが出来ませんが、枝に増やした少量スパイスはどんどん無くしていき、結局10種まで減らしてしまったのです。
そのかわり、基本スパイスの量を極端に変化させ、煮込み時間、漬け込み時間などをずらしていった結果、
「あ、これは、うちの(カルマンコーヒーの)コーラだ!」
と納得したわけです。
ブレンド技術とは正反対の引き算の美学の勝利の瞬間でした。

人によっては、薬っぽい、お寺にいる気分、スパイスきっつい、など意見もあるでしょうが、それらのご意見は、コカ・コーラやペプシ等と比べたらそんな味に近いということで、当店にとっては勲章みたいなもんです。
そして、今後は商品名としてちゃんと名前を付けてあげようと、思っています。
インスタや、Facebookで記事で候補の3個を書いていましたが、いまだにどれにするか迷っています。

https://www.instagram.com/p/CBj_f5JBvsR/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

夏には、ニューパッケージに登場させたいので、今後もよろしくお願いします。